HOME>特集>次の事務所はどこにする?貸事務所の契約手順を知っておこう!

次の事務所はどこにする?貸事務所の契約手順を知っておこう!

テレビ会議

事務所可マンションの注意点

事務所を借りる際、マンションの一部を事務所として利用する事が可能です。その場合、注意点がいくつかあります。マンションを事務所として利用する場合は、内装工事をする事できません。なので、勝手に壁の色を変えたり、床を張り替える事は禁止です。また、ネット回線もマンションで統一されているものしか使えないので、他の回線を自分達で別で契約する事ができません。

貸事務所とレンタルオフィスの比較

貸事務所の場合

貸事務所を借りる場合は、自分で家具を揃えたり設備を整える必要があります。一見デメリットに感じますが、逆に事務所で使う家具や用品にこだわりを持っている人にはとてもむいています。また、貸事務所は契約期間を設けられていたり、保証金の制限があります。また、賃貸契約内容が事務所のオーナーによって複雑な所もありますが、交渉をする事で契約内容を変更が可能な所もあります。

レンタルオフィス

レンタルオフィスは事務所を低予算で借りる事ができるので最近は、起業家でレンタルオフィスを利用する人が増えています。最初から事務所に必要な設備が揃っているので、業務をすぐに始める事ができます。しかしレンタルオフィスは、長期間レンタルするとレンタル料がかさんでしまうので、貸事務所を利用するより、損をしてしまう事があります。

貸事務所を借りる場合は?

貸事務所を借りる場合、物件選びや契約は早めに済ませておかないと、次の事務所の移転がスムーズにいかず、顧客に迷惑をかけてしまう可能性があります。なので、移転する日が決まっている場合は、その日に向けて早めに準備をしておきましょう。

不動産を利用して貸事務所探しから契約までの手順

男女

希望の事務所を探す

自分の希望する事務所の条件を伝えます。開業時期が決まっていると、その日に合わせてスタッフが物件探しをサポートしてくれます。気に入る物件を見つけたら、周辺環境や設備を実際に行って確認してもらいます。

物件を申し込む

下見を行い、気に入った物件が見つかったら、申込用紙に必要事項を記入して提出します。この時に賃貸保証会社へも審査申込を行います。

審査・契約

申込後に、貸主側が申込者の信用調査を行います。審査が通り、貸主側からの条件と契約内容に納得した場合は、賃貸借契約を行います。

広告募集中